傾斜量測定

傾斜量測定とは?

適切に設計、施工された建築物でも、地盤の状態によって沈下、傾きが生じている状況は適切ではありません。傾斜測定で不同沈下状況を知ることは重要となります。

対象部位

建築構造物

調査ニーズ
  • 建物がどの程度傾いているのか知りたい
  • 柱の傾斜量を測定して欲しい
  • 不同沈下測定を行って欲しい

傾斜量測定

傾斜量測定

下げ振りや勾配計、水盛り管、水準器、レベル計などを利用して傾斜量を測定します。
建物全体の不同沈下状況を知る上で重要な調査となります。

柱の傾斜量測定状況(下げ振り)・レベル計による測定状況の写真

  • 柱の傾斜量測定状況(下げ振り)
  • レベル計による測定状況

▲TOPへ戻る

調査お申し込みから完了までの流れ

フローチャート

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい

▲TOPへ戻る

株式会社アミック

ISO9001認証取得

tel:045-510-4317

アンカーパルステスター

業務案内

加盟・関係団体

  • NOT
  • JISTA
  • TAAF
  • TAAF
  • JASO
  • strec
  • ソフトコアリング
  • tekkin-tsugite
  • CIW
  • kanagawa-takken
  • JSNDI
  • ita
  • ita