自社開発技術

電磁パルス法

電磁パルス法とは?
コイルにパルス電流を印加することにより発生する「磁気的な力」を利用し、導電体(鉄筋やアンカー筋など)に弾性波を発生させ、その受信信号を解析・診断する技術です。
対象部位
鉄筋コンクリート、あと施工アンカーなど
調査ニーズ
  • 鉄筋コンクリート中の強度(音速)を知りたい。
  • 鉄筋の腐食や付着状態を知りたい。
  • アンカーの付着状態を知りたい。
原理
原理イメージ ① コイルにパルス電流を印加します。
② パルス磁場がコイルより発生します。
③ 離れた位置にある金属(ここではコンクリート中の鉄筋)に弾性波が発生します。
④ コンクリート中を伝搬した弾性波をセンサーで受信し解析します。
原理イメージ
特徴

① 離れた位置にある金属から音を発生させることが可能
鉄筋コンクリートのように埋設された鉄筋からも音を発生させることができます。

② データの再現性に優れている
電磁気によりエネルギーを加えますのでデータの再現性に優れています。定量的な評価が可能です。

③ 境界面の変化を検知
コンクリート中の鉄筋腐食やひび割れによる緩みを評価することができます。

何が分かるの?
・コンクリートの圧縮強度が推定できます。詳しくはこちら。
・鉄筋やアンカーなどの固着部の健全性を評価できます。
・他にも、内部金属の音響を周波数解析することによりその状態(腐食)の変化を捉えることができます。

▲TOPへ戻る

あと施工アンカーの健全性診断

電磁パルス法とは?
・電磁パルス法でアンカーに弾性波を発生させ、AEセンサの受信信号を解析してアンカー定着部の健全性を評価します。
・超音波法で、アンカーの埋込み長さを測定します。
対象部位
あと施工アンカーボルト
調査ニーズ
  • アンカーの施工不良を確実に検出したい。
  • 検査結果を定期点検用の記録として残したい。
  • アンカーの埋込み長さを測定したい。
原理
原理イメージ ① 電磁パルス法を使用して、アンカーに弾性波を発生させます。アンカー周囲のコンクリートとボルト頭部に設置したセンサーで弾性波を受信し、定着状況を客観的かつ定量的に評価します。

② アンカー筋頭部端面から超音波を入射します。埋設部端面までの往復伝搬時間とアンカー筋の音速から、測定長さを算出します。
原理イメージ
特徴

① 施工不良の検出性に優れている
接着系アンカーの接着量不足や、金属系アンカーの支圧力不足などの施工不良を検出できます。
データ比較


② データの記録性・再現性に優れている
測定結果はデジタルデータで保存できるため、維持管理用台帳の作成や評価データの共有化が容易です。電磁力を使用するためデータの再現性が良く、前回測定データとの比較による状態変化の捕捉が可能です。


③ 完全非破壊による測定
アンカーを電磁力で加振するため、打撃による損傷や電食の恐れがありません。応力がかかり、疲労破壊が懸念される箇所の評価に最適です。

測定装置
動画でもご案内しております。

測定装置(アンカーパルステスター)

▲TOPへ戻る

コンクリート強度推定器

コンクリート強度推定器とは?
磁気的な力で発生させた弾性波でコンクリートの圧縮強度を推定する非破壊試験方法で、従来はテストハンマー(リバウンドハンマー)で推定していたものです。
仕上モルタル上からでも躯体コンクリートの強度推定ができます。
対象部位
仕上げなしの新設および既設コンクリート構造物全般
調査ニーズ
  • 橋長 30m 以上の橋梁上部工及び下部工のコンクリート強度を推定したい。
  • コンクリート躯体にモルタルが施工されている箇所のコンクリート強度を推定したい。
  • コア採取せずに、完全非破壊による強度推定を行いたい。
原理
測定装置 受信波形と伝達時間差
測定装置 受信波形と伝達時間差(マウスオーバーで拡大します)

パルス磁場発生から弾性波がセンサに到達するまでの時間と鉄筋・センサの位置関係より、コンクリート内部の弾性波伝搬速度を測定します。

伝搬速度とコンクリート圧縮強度との関係により、圧縮強度を推定します。

特徴
① 完全非破壊による測定
磁気的な力で鉄筋を打撃する完全非破壊な技術です。表面を傷つけることがないため試験面への影響が少なく、騒音の発生も抑えることができます。


② データの再現性に優れている
入力の強さを電気制御できるため、データの再現性に優れています。
テストハンマー(リバウンドハンマー)打撃のように打撃方向による重力の影響を考慮する必要もなく、圧縮強度推定精度の向上が図れるため、品質が向上します。

動画でもご案内しております。
(マウスオーバーで拡大します)

▲TOPへ戻る

ひび割れチェッカー

モルタルひび割れチェッカーとは?
超音波法を使用して、既存コンクリート構造物のモルタル仕上部に見られるひび割れが、躯体コンクリートまで達しているかを評価する装置です。
対象部位
既存コンクリート構造物
調査ニーズ
  • モルタル仕上部のひび割れが、躯体コンクリートまで達しているかを判定したい。
  • タイル表面に発生したひび割れが、躯体コンクリートまで達しているかを判定したい。
原理
原理イメージ 既存コンクリート構造物のコンクリート表面に施工されたモルタル仕上げ部に発生したひび割れが、モルタル仕上げ内で止まっているか躯体コンクリートまで達しているかを、超音波法で評価します。
原理イメージ

表面から入射された超音波は、コンクリート中の大きな骨材で散乱反射し多重反射信号として受信されます。
本手法では、コンクリート内部の散乱波の減少程度を、ひび割れ周辺の健全な部分とひび割れ部分で比較することで、ひび割れの深さを評価しています。

特徴
測定装置 測定状況
測定装置 測定状況
① 完全非破壊による測定
超音波を利用しているので、測定箇所を傷つけることがありません。


② 測定可能範囲
仕上げ厚さの適用範囲は10㎜~40㎜で、幅0.1㎜以上のひび割れを評価対象としています。また、凹凸の少ない塗装面やタイル仕上げ面においても適用できます。

動画でもご案内しております。

▲TOPへ戻る

モルタル厚さ測定

モルタルひび割れチェッカーとは?
超音波法を使用して、コンクリート表面に施工された仕上げ材(モルタルやタイル)の厚さを測定する技術です。
対象部位
既存コンクリート構造物
調査ニーズ
  • 外壁補修工事で、アンカーピンをコンクリート躯体に確実に定着させたい。
  • 塗装やタイルが貼られた仕上げ材の厚さを知りたい。
原理
原理イメージ 仕上げ材の表面から超音波を入射し、コンクリート躯体から反射される超音波を受信することで仕上げ材の厚さを測定します。
原理イメージ
特徴
測定装置 測定状況
測定装置 測定状況

① 完全非破壊による測定
超音波を利用しているので、測定箇所を傷つけることがありません。


② 測定可能範囲

測定可能な仕上げ厚さは10㎜~50㎜。
モルタル仕上げだけでなく、凹凸の少ない塗装やタイルが貼られている場合も測定可能です。

▲TOPへ戻る

株式会社アミック

ISO9001認証取得

tel:045-510-4317

アンカーパルステスター

業務案内

加盟・関係団体

  • NOT
  • JISTA
  • TAAF
  • TAAF
  • JASO
  • strec
  • ソフトコアリング
  • tekkin-tsugite
  • CIW
  • kanagawa-takken
  • JSNDI
  • ita
  • ita